2017年8月19日土曜日

株をやるなら投資の方針を明確にすべし

株式投資を始めるにあたり、何よりも大事なのはその方針を明確にすることです。
まず最初に決めるのは投資金額、そしてその方針です。
投資金額に関しては何と言ってもライフプランにてらした際に負荷がかかる金額かどうか。
教育資金や保険、冠婚葬祭に影響があるかどうかをしっかり見極めることが大事です。

投資には何と言ってもリスクが伴います。実際にリスクを負った際に生活に影響があるようなことは避けるべきです。
次にインターネット口座か証券会社の口座か。これはシンプルに自分自身に知識に問題なければ、インターネット口座で手数料を安くすることが可能です。また、自分自身に自信がなく、営業マンに指南してもらいたい場合は一般の証券会社で口座をつくれば、よいでしょう。
そして銘柄選びです。これは短期での差益を狙うのか、長期保有かといったところが最初のポイントになります。
特に長期保有となれば、配当や株主優待でメリットを感じることも大前提にする場合もあります。
短期保有、長期保有といずれにしても考え方次第ですがしっかり方針は固めた方が間違いないでしょう。

こうして、まずは株式投資を行うにあたっては前述のようなポイントをおさえておきましょう。

http://www.intcess14.org/

0 件のコメント:

コメントを投稿