2016年11月21日月曜日

数少ない50ccアメリカン!ホンダ jazzの感想

僕は高校1年の秋から今日までの約6年間ずっとjazzに乗ってるんですが、 乗り始めた当初、原付なのにアメリカンという所に惹かれ、他の原付と比べての優越感をかなり感じていました。 jazzは様々なカスタム方法で楽しめるのですが、僕はボバー風にカスタムしています。

マフラーなども純正ではないので若干、純正とは燃費も異なりますがリッター25は街乗りで出ています。 実は同じホンダからマグナ50というアメリカンテイストな原付があるのですが、 このライバル車と比較しても優越感を感じたポイントはたくさんあります。

まず、jazzはマグナと比べると車体がかなり軽いので、発進の加速が早かったり、乗り比べると多少ですが小回りが利きやすく、狭い道でもスイスイ進めるんです!
しかもアメリカンの割りに横幅も広くなく、コンパクトなので駐輪場などにも止めやすいです!

と、まぁメリットばかり書いてきましたが、その反面デメリットも感じています。 一番不便なのは、純正の状態でセルがついていないので、後付けしない限り常にキックスタート。 寒い冬には身体がガチガチなので、キックするとき下手すると足が痛くなるときがあります。

それに、コンパクトで軽量なので、サイズが小さくやや迫力に欠けます。 先程でてきたマグナは、50ccなのに中型くらいのサイズ感なので、見劣りする部分はあります! アメリカンの迫力はあまりないですね。 これが、僕の乗ったjazzの感想です!

もし、これから購入を考えている人がいたらアドバイスしたいことがあります。 原付で格好良く、自分のスタイルで走りたい!って人は、持ってこいのバイクです! イジり甲斐も本当にあります! 中古車でも結構人気があるので割高感がありますが、その分必ず楽しめるバイクですよ!
参考:バイク王

2016年11月14日月曜日

海外でバイクを買った寒い思い出

わたしは以前、海外に住んでいたのですが、現地にいたある年バイクを購入しました。

50ccですが、見た目はなかなかカッコよく、馬力もそこそこあります。 現地のメーカーのものなので、大して有名なメーカーではないのですが、中古を約3万円で買うことができました。

わたしが住んでいたのはヨーロッパのとある国なのですが、非常に自然が多く、バイクに乗っているととても気持ちが良いです。 バイクを買った年の夏はバイクであちこちに出かけました。特に思い出深かったのは、8月に海にでかけた時のことです。

その夏は何故か異常に寒く、カレンダー上は真夏のはずなのに、バイクを運転している間もとても寒くて震えてしまいました。 昼間で風もなかったのですが厚手の長袖のパーカーを着ても寒く、革のライダースジャケットが欲しかったくらいです。 寒い思いをしてようやく海に着いたものの、もちろん寒すぎて泳ぐことはできませんでした。

寒い思いをするのが嫌だったので帰るのも億劫でしたが、日が暮れてもっと寒くなる前に帰ってきました。 そんなわけで、せっかく海に行ったのに寒くて何もできなかったという、少し辛い思い出になってしまいました。 しかし、道中に見られる美しい景色は日本ではあまり味わうことができないので、ヨーロッパでバイクを購入して本当に良かったです。

2016年10月5日水曜日

夫婦で初めてのツーリングは城ヶ島

私は旦那さんと初めてのツーリングに、近場の城ヶ島まで行くことにしました。

かなり暑い日だったのですが、転んでしまうといけないので完全防備だったので、片道1時間弱の道のりでしたが、到着するころには汗だくでした。

旦那さんに前を走ってもらったのですが、初心者の私を気遣ってくれてノロノロ運転。
かなり旦那さんも疲れてしまったようで、城ヶ島に着いたらゆっくりランチして、海辺をお散歩。
日差しが強い日中はバイクに乗らずに城ヶ島公園の芝生でゴロゴロしていました。



夕方になり、ようやく帰ることに。まだまだ暑かったのですが、やはり夕方になると風が心地よく感じました。特にトンネルに入ると一気に涼しい風が吹き抜けるように感じ、ずっとトンネルにいたいと思ってしまうほど。

また1時間弱の道のりを走りましたが、行きよりもスピードを出せるようになりました。
やはり、まだまだ怖いなと思うこともありますが、ツーリングならではの風を感じることができ、車では味わえないなぁと旦那さんと話しました。
まずは近場で何度か慣らして行き、来年くらいには遠出をしたいです。
でも、高速に乗るのが緊張しちゃいそうですが。
これから腕を磨いていきたいです。